プロフィール

フォトアルバム

あけぼのくん

平成元年から「あけぼの」を合い言葉に、あ・・・「あいさつができる子」、け・・・「けじめのある子」、ぼ・・・「ボランティアができる子」の・・・「のびやかな子」を目指しています。

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

フォトアルバム

ESD Feed

2022年11月16日 (水)

世界の子供たちにワクチンを!~ペットボトルキャップ回収11/16~

鹿の子が、児童会活動の一環で、ペットボトルキャップを回収しています。Img_3540集められたキャップは、社会福祉協議会を通じてプラスチック回収業者さんに引き取られ、その収益が世界の子供たちのワクチン購入費に充てられます(ポリオワクチンなど)。

Dsc08261先日、保護者の方が、大きな袋に2つ分のキャップを持ってきてくださいました。職場で集めてくださったそうですm(__)mアリガトウゴザイマス!

Dsc08262色分けまでして集めてくださり・・・本当に感謝です(>_<)。

Dsc08260担当委員会の委員長より「こんなにたくさん、ありがとうございました!」

Sdg_icon_03_jaこれは、SDGsの第3番目標「すべての人に健康と福祉を」にも合致した行動です。

◆なお、400個のキャップで、1人の子を救えるそうです。学期末に、社会福祉協議会まで持って行きますね。

◆この回収活動は、年間を通していつでも行っています。ブログをご覧の皆様、よろしければ、いつでも学校までお持ちくださいm(__)m。

2022年11月 9日 (水)

アルミ缶、絶賛回収中!11/9

今週は、アルミ缶回収ウィーク!

1「いつも持ってきてくれて、ありがとう!」

2毎朝、委員会の子があいさつ運動も兼ねて、児童玄関先で回収してくれています。

3大事な資源、ぜひ、リサイクルする意識を高めたいです。

4「今日はこんなに持ってきてくれました!」…すごいね、みなさんのおかげだね。

5少しずつでも、積み重なると、こんなにたくさんになります!

Sdg_icon_12_ja少しはSDGsの目標達成に、近づけている・・・かな!

◆「世の中を変える」という大きな目標も、結局は「個人の習慣を変える」ことの集合体です。自分がひとつゴミを拾えば、世の中がゴミひとつ分、きれいになるのと同じです。

◆小さな心がけこそが大切だと、鹿の子と一緒に学んでいきたいと思います(^-^)!

2022年11月 2日 (水)

地域の方々と卓球バレー!~楽しい授業(49)~4年生総合11/2

地域福祉をテーマにふるさと学習を行っている4年生が先日、地域の方との交流会を企画・実施しました!

4_1社会福祉協議会の方々のサポートもあり、たくさんの地域の方が集まってくださいました。

4_2会は、子供たちが進行していきます。鹿の子「卓球バレーをしたいと思います!」

4_3おお、これが「卓球バレー」ですな!卓球台を使った、チーム戦の、ボールを転がして返球するバレーみたいな感じ??

4_4これがまた、とてもおもしろいボールゲームで・・・ 
4_5・・・「わぁ~、おじいちゃんハイタッチ~!」みたいになっていました(笑)!いいかんじ!!(もちろん感染対策は十分とっております!)

4_6「だるま落とし」を教えてもらっている様子です。動画をとっているところがイマっぽい(笑)。

4_7「わぁ~むずかしい!」・・・地域の方々ほどうまくできなくて、悪戦苦闘中!

4_8ペットボトルボーリングもしました!「ストライーク!」

Dsc01063最後に、4年鹿の子から手作り小物入れや手書きメッセージのプレゼント!和気あいあいと、最後まで交流を楽しみました!

◆参加してくださった地域の方より・・・「子供たちがこんな上手に交流会を開いてくれるなんて感動しました。とても上手でした。ありがとうございました。」

◆こちらこそ、ありがとうございましたm(__)m!

2022年10月31日 (月)

助け合いましょう!~赤い羽根共同募金~集会にて10/31

先日の集会活動で、6年生から、「赤い羽根共同募金」についてのお話がありました。

Img_0814「8月の豪雨災害の時には、勝山市でもこの募金の一部が復興に使われたそうです。」

Img_0813赤い羽部共同募金は、「地域の福祉」のために使われる助け合いで、戦後間もない昭和22年に、市民運動としてはじまったものです。

◆言わば、「自分の町をよくする仕組み」なのですね!

◆「ドラえもんの募金箱」が目印。可能な範囲で、ご協力お願いいたしますm(__)m。もちろん、自由意思・賛同できる範囲でいいですので。

【ちなみに】集会の準備中の鹿の子・・・Img_0807いい姿勢でしょ!すごいなぁ、私たち大人こそ、彼らを見習わなくっちゃ!

2022年10月27日 (木)

ラディッシュがいっぱい!~楽しい授業(46)~2年生活10/27

学級菜園の方から、楽しそうな声が聞こえたので行ってみると・・・

2_22年生が、生活科で育てたラディッシュを収穫していました!

2_1お、赤いかわいいのが、土の中にうまっているね。

2_3「先生、こんなのがとれました!」お、イイねイイね!

2_4「ぼくも、とれました~!」…みんな、やっぱり収穫は楽しそう!

2_5さ、お次はみんなで水洗いです。土をきれいに落とします。

2_6あら~~大きくて、赤くて、丸くて、おいしそう~!上手に育てたね~(^-^)

2_7_2長いおヒゲがついているね!それ、何かわかる?「ハイ、根っこでしょ?」…掘り出した経験があるからこその、即答だと思います!

◆2年生は、野菜作りの天才だね!こんどは、「ラディッシュ パーティー」かな(笑)・・・と思ったのですが、なんと、給食のサラダに提供してくださいました。おいしかった〜(^-^)!

2022年10月26日 (水)

避難訓練を行いました!10/26

2学期の避難訓練は、テーマが「各自が考えて、各自で避難行動をとる」ことです。

そこで・・・

①非常ベルや非常放送が聞こえたら、動きを止め、口を閉じる。

②放送から、どんな災害がどこで起こったのか、聞き取る。

③放送の指示に従って、自分で考えて避難経路を選ぶ。

④上級生は、必要に応じて、下級生を導く。

・・・この内容を事前に学んだうえで、昼休みに訓練を実施しました。

1_2いつも通り元気に遊んでいる昼休みに、突然の非常ベルと放送!

2子供たちは、学んだ通り、静かに放送に耳を傾けます。

3シン、と静まり返る鹿谷小学校。

46年生は放送に集中し、状況把握に努めている様子が見えました。

5グラウンド、体育館、各教室など、様々なところから各自で避難してきた鹿の子。とても速やかな行動で、教頭先生からもほめてもらいました。

◆先に避難場所(グラウンド奥手)についた6年生が、下級生に整列の指示をするなど、考えて行動している様子も見られました。

◆私、東日本大震災の時、被災地域の学校で被災した友人(教員です)がいます。子供たちと先生方で、自分で考えて避難行動をとるよう普段から繰り返し訓練してきたおかげで、その学校では津波の人的被害はもちろん、転んでけがをするなどの被害もゼロだったそうです。

2022年10月19日 (水)

カラフル恐竜、鹿谷小に現る!~楽しい授業(40)~5年ふるさと学習

乾燥が終了した「恐竜ひょうたん」に、児童が着色を始めました!

1キレイに乾燥した、いかにも「ひょうたん」っぽいひょうたんでしょ(^-^)!

2これに下絵を描いて、着色していきます。

3ちなみに、この筒状にまるめた新聞紙、何だと思います?

4実は、ひょうたんの穴に突っ込んで、持ち手にするものです。ナルホド~!

5見てください、この真剣なまなざし!もはや、「匠の目」ですな(笑)!

6だんだんと着色が進んでいきます。集中してます!!

7おお、上手にできましたね~、かわいい!!

8思い思いのデザインで、恐竜ひょうたんが完成に近づいていきます!

9色付けが終わったひょうたんは、温風で乾燥させ、

10木で作った台座に固定していきます。その後、ニスなどで艶出ししていくのかな。

Img_0315ちなみにこれは、地域の方が作られた作品。こんな感じに仕上がっていくのですね!

◆地域の皆様、子供たちにていねいに教えてくださり、ありがとうございましたm(__)m。

2022年10月18日 (火)

地域の福祉について学んでいます。~楽しい授業(39)~4年総合

4年生は、継続的に地域の福祉について学んでいます。

1今日は、社会福祉協議会の方を講師にお招きして、認知症について学びました。これを受講すると、「認知症キッズサポーター」と認定されます。

2高齢になると記憶が衰えていく脳の仕組みについて、学んでいるところ。体も使いながら、分かりやすく説明してくださいました。

3講師の先生のお話をメモしていく4年生。学ぶ姿勢がうれしいです。

4_2実は私も90歳を超えた父がいます。もっと父の身になって、やさしく接することができるはずだと反省。講師の先生、ありがとうございます。

5おじいちゃん、おかあさん、子供の3人の立場になって、寸劇を体験しながら認知症の家族の支え方を学びました。子供たちのやさしさが、セリフににじみ出ていました。

6最後に、講師の先生が認知症に関する絵本を読み聞かせてくださいました。あたたかい気持ちになりました!

◆人は誰しも歳をとり、老いていきます。現状、日本人の29%が65歳以上で、そのうち5人に1人が認知症だと言われます。「老い」を学ぶことはもはや不可欠でしょう。

◆ふと思い出しました。私の近所のお寺の掲示板に張られていたことば→「子供を責めるな、あなたが来た道だ。老人を笑うな、あなたが行く道だ。」…その通りだな。

2022年10月 4日 (火)

ふるさとの歴史を知りたい!~楽しい授業(37)~6年ふるさと学習10/4

6年生が、ふるさと鹿谷町の歴史を学んでいます。

1ブログをご覧の皆様、「安波賀街道」ってご存じですか?平泉寺から鹿谷を通って、朝倉氏遺跡を結ぶ、当時の街道。鹿谷は交通の要所だったようです。

2そこの防衛拠点のひとつだった「保田城」跡を目指して、レッツゴー!

3講師の先生「あの鉄塔のところまで登るよ。」鹿の子「あんなところまで??」

4はい、保田の登山口に到着!

5中部縦貫道の下をくぐって、てくてくてくてく・・・・

6さぁ、山道に入りました!けっこう急な斜面です。

7はい、ちょっぴり給水休けいね。(鹿の子は疲労度ゼロ!若いっていいなぁ。)

8700mほど(多分)山道を登って、城跡に到着!周りには深い溝の「お堀」など、防衛システムが多数!

10昔の鹿谷の人々も踏みしめたであろうこの場所で、パチリ!

9このくぼんだ地形、分かりますか?これがお堀で、よじ登ってくる敵を、上から攻撃したわけです。上から石でも落とされたら、ひとたまりもないな。

11帰る途中で、西光寺の大杉に立ち寄りました。低学年の時はみんなで手をつないでやっと囲めた大杉も、今では余裕のよっちゃん。

12はい、これくらい余裕でした(笑)。

◆そんなこんなで、今回は鹿谷町の歴史を、足で学んできました。こういう学習、とても大切だと思います。

◆先日、海外赴任が長い、昔担任させてもらっていた子が、一時帰国したついでに会いに来てくれました。その子(…といっても40歳オーバー)が、「海外生活で大事だと思ったことのひとつが、自分のルーツ、ふるさとを知っているかどうかでした」と語ってくれました。分かる気がします。

◆今回のブログ、長めでした。最後までお読みくださり、ありがとうございました。

2022年9月29日 (木)

水あびのあとは、風に吹かれます!~楽しい授業(35)~5年恐竜ひょうたんづくり9/29

まちづくり会館裏で水につけておいたひょうたんを、5年生が加工中です!

1何日も水中につけてあったひょうたんの中をこすって、中身をきれいに取り出します。

2表面もゴシゴシみがいて、汚れをとります。

3だんだんひょうたんの扱いにも、慣れてきた様子。

4ねぇ、見せて見せて…!鹿の子「はい、どうぞ!」…すごい、大きくてツヤツヤだね~!

5その後、みんなのマイ・ひょうたんを、館長さんが軒下にぶら下げてくださいました。

6しばらく風に当てて、乾燥させます。なんだか、イイ感じだね~。

◆加工の過程がすすむにつれ、「植物」から「工芸品」へと変わっていく、鹿の子たちのひょうたん。今後が楽しみです(^^♪