アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

プロフィール

フォトアルバム

あけぼのくん

平成元年から「あけぼの」を合い言葉に、あ・・・「あいさつができる子」、け・・・「けじめのある子」、ぼ・・・「ボランティアができる子」の・・・「のびやかな子」を目指しています。

« 10/4(金)の給食 | メイン | 理数グランプリ チャレンジステージ »

2019年10月 4日 (金)

鹿谷恐竜ひょうたん加工への道

 驚きの大収穫だった鹿谷恐竜ひょうたん。うれしくて飾っておいたら、あれ?少し柔らかくなってきてるかも?!柔らかいと水につけているうちにばらばらになってしまう!!!ということで、急遽お願いして、5時間目に加工を始めました。

 昨日の今日なのに(しかも、昨日の夜でした)、駆けつけてくださった、鹿谷地区かつやまっ子応援ネットワークの皆さん。本当にありがとうございます(T_T)

Img_2149

Img_2150

 まず、お尻のほうから、大きなドリルで穴を空けます。

Img_2154

 しっかり押さえていないといけません。

Img_2151

 次に頭のてっぺんから小さいドリルで穴を空けます。

Img_2153

 そして、中身をきれいに掻き出します。

Img_2157

Img_2159

 女の子たちが遠巻き状態なのは、中身が飛び散るからです(^_^;)

 そのあと、各自が割り箸を使って、よりきれいに中身をほじり出します。

Img_2158

Img_2160

Img_2161

 種がごっそりでてきました。この種はまた来年まきましょう。

 ある程度きれいになった恐竜ひょうたんたちは、2週間、水竜となります。水をとりかえながら2週間経つと、中身がすっかりきれいになって、外側の皮も取れます。白っぽい色になったら、あとは乾かして、好きな色を塗って、自分だけの恐竜に仕上げます。

 この水竜の時がね・・・(^_^;) なんともいえないかほりが・・・。

 どんな恐竜にしようかなぁ・・・。楽しみです。

アクセスランキング